TK−80
 日本の個人コンピュータ−時代の草分けは8080を使ってNECが開発したトレーニングキットTK−80だった。
1ボード上に1KバイトのRAM(Randum Access Memory 読み書き可能なメモリー)とモニタープログラムの書かれた1KバイトのROMが搭載され、入力は16進数のキーボードが基盤上に取り付けられていて、出力は、アドレス部、データ部それぞれ4桁の7セグメントLEDディスプレーで16進数表示される。
前述のAltairに比較して、使い易く工夫されていた。使い方は、16進キーで入力してアドレス・キーでアドレスを指定する、データや機械語命令を16進入力してWriteキーでメモリーに書き込む。命令を書き込んだらRUNキーを押すと表示されているアドレスからプログラムが起動する。これらはすべてROMに書かれたモニタープログラムが動いてコントロールしている。
つまり、モニタープログラムは原始的なOS(Operating System)の働きをしていた。
 私ごとではあるが、TK−80は高価(\88,000)だったので、買えなかった。同僚の独身貴族の先生が持っていたのをうらやましく見ているだけだったが、数年後コンピュータリサーチ社という余り有名でない会社から、同じような組み立てキットが1万円台で売り出されたので、さっそく購入した。
半田付けは慣れていたので、ほぼ1日で完成した。CPUは8080の上位互換のCPUであるZ80がのっていたので、Z80のマニュアルや参考書を購入してその機械語の勉強から始めた。
それまで、私はコンピュータは雲の上の存在で複雑で素人には難解で理解できないものと決め付けていた。自分で機械語を16進数で打ち込み、動かしてみると意外に単純なものであるのに気付くとともに、コンピュータは何でもできる非常に大きな可能性を秘めた存在であることにも気付いた次第です。人類史上、画期的な大発明であると確信した。
 それはさておき、私はこのCRC−80で何をしたかに触れておくと、教師がコンピュータでまずやりたいのは成績処理の計算です。
私は学級担任をしていましたから、科目得点のクラス合計と平均点、および生徒個人の得点合計と平均点の計算が必須です。いままで電卓(それ以前はそろばん)で行っていたものを、CRCー80で試みてみました。メモリに値を打ち込み機械語で処理し、LEDで結果をみる、という具合です。
しかし、結果をプリントアウトしたくなり、大阪日本橋でハード仕様書付きの10桁程度の文字を打ち出せるレジ用の小型プリンターを見つけ購入しました。CRCー80に入出力用のICを付加し繋いで、打ち出せるように機械語でプログラムし、結果を打ち出せたときの喜びは誰にも想像できないでしょう。おまけにカタカナで名前を打ち出してみせて、実習助手の人に16進キーしかない装置でどうしてこんなことができるか分かるか?と自慢したのを覚えています。
 個人でいじりまわせる原始的なコンピュータを持つことがコンピュータを知る最大の近道だと今でも思っています。
私はそれを経験出来て幸運だったとしみじみ思います。マイクロ・コンピュータの出現期がまさにそれでした。いままで巨大で近づき難いブラックボックスと見なしていたコンピュータが急速に我々に近付き、じかに触れられる存在となったのです。
 しかし、パソコンの進化のせいで再びブラックボックス化が進み、折角我々に近づいてきたコンピュータがまた私たちから遠ざかっていくように感じるのは私だけの杞憂なのでしょうか。
 現在のコンピュータは大きく進化し、初期のとは全く異なるように考えるのは間違いです。動作原理や基本構造は殆ど変わっていません。
その証左に、現在もコンピュータ界をリードし続けているのは、皆、上と同様の経験をした人達です。

閉じる